日本と世界

さけるチーズがきれいにさける訳

さけるチーズは楽しみながら食べれるチーズです。

このさけるチーズがすごいわけは何でしょうか?
何といっても自分好みのサイズにさいて食べれることではないでしょうか?

キュキュッとした食感も良いですね。
このさけるタイプは一度食べると病み付きになります。
スナック感覚で食べれるところが良いですね。

さけるチーズはどのようにしてつくられているのでしょうか?
いったんお湯で溶かし、トロリとさせてから糸引きにして固めたものです。
繊維状の層をつくって固めてさけやすくしたものです。

さけるチーズは世界中でつくられていてパスタフィラータという作り方で昔からあった手法です。
日本で最初につくられたのは20世紀末のころ小淵沢です。
プレーン味、スモーク、トウガラシ、人気はあっという間に広まりました。

小さい子どものおやつ、お酒や焼酎のおつまみ、ワイン、カクテルいろいろなものに合い、栄養バランスが取れた食べ物です。
さけるチーズが嫌いな人はいないでしょう。
サラダの上からパラパラとかけるとアクセントにもなって良いです。
これを使ったレシピはいろいろありますが、簡単なところで大根と合わせてわさび醤油和えというのはいかがでしょうか?
大根は短冊切り、さけるチーズ、醤油、わさびで合えるだけ、簡単です。
こちらにはチーズを使ったおしゃれな料理レシピが載っています。
さけるチーズの他にもたくさんの種類がありますので、いろいろな種類を使っておいしいチーズ料理を作ってみましょう。

このページの先頭へ