日本と世界

チーズと牛乳、どっちが栄養が高い?

しかしチーズは水分が抜かれているので、ビタミンCは含まれていません。
そのことを考えると、牛乳の方がちょっとだけ栄養豊富かも知れませんが、どちらも同じくらい栄養豊富です。
チーズと聞けば栄養豊富でカロリーが高く太りやすいというイメージがありますが、このことは間違いです。

チーズには脂肪を燃焼させるビタミンB2が含まれているので、バランスが取れています。
またビタミンB2は体の細胞を活発にして代謝をスムーズにするという働きがあります。
チーズの脂質に含まれているビタミンAは免疫力を高める効果があります。

チーズにはビタミンCと食物繊維が含まれていないので、野菜と果物を食べるとその分は補えます。
フルーツサラダ+チーズというメニューはいかがでしょうか?
このメニューだけでも栄養はタップリ取れます。

牛乳、チーズ、ヨーグルトに多く含まれているカルシウムはそれらに含まれているたんぱく質によって吸収率が高まります。
チーズなどの乳製品に含まれているたんぱく質は、肉類に含まれているタンパク質量よりも多く、カルシウムの吸収率が高いということが分かります。
またチーズに含まれている乳酸菌はうまみ成分のグルタミン酸を発生させるので熟成期間が長いほど美味しい味のチーズが出来ます。

このページの先頭へ