日本と世界

ナチュラルチーズとプロセスチーズの違い

日本ではどちらかというとナチュラルチーズよりもプロセスチーズのほうが馴染みが深く、
ベビーチーズ、スライスチーズ、6Pチーズなどがあります。

ナチュラルは乳を原料につくられているタイプです。
だから栄養価は高く風味もナチュラルテイストそのままで自然の甘みがあって美味しいです。
乳酸菌やカビ菌が生きたまま入ってるので長期熟成が可能で、美味しさもアップします。

一方のプロセスは何種類かのナチュラルチーズを混ぜたものを原料に作られています。
つまりナチュラルを加工してつくったタイプです。

ナチュラルを粉々に砕いて、更に乳化剤を混ぜ殺菌のために高温処理します。
高温処理の為に熟成はその時点でストップします。
熟成しないので味も風味も同じようにその時点でストップします。

味は画一的なので香辛料を用いたり、バナナ味、ナッツ味など味に変化をつけることができるのもプロセスチーズの良いところです。
また、大きな特徴としては長期間保存可能というところです。
だから携帯しやすいです。
ナチュラルチーズはゆっくり熟成するので、風味が変わりやすく食べごろには食べきってしまう方がいいです。
原材料の乳の味・熟成期間によっていろんな味が楽しめるのは良いですが、保存の仕方など取扱いには注意が必要です。

このページの先頭へ