日本と世界

日本のチーズと世界のチーズ

フランスは地域ごとにチーズの製造方法や熟成方法が異なり、自分たちの地域のにこだわりを持っています。

これは日本の何にたとえられるのでしょうか?

日本で言う漬物と同じように食卓になくてはならないものです。

フランスでは日々の料理には必ずチーズが使われ、それに合うワインが常備されています。
グラタン、ピザなどチーズが使われている料理が多く、サンドにもはさんであります。

フランスの市場では塊でが売られていて日本の3分の1ほどの安い値段で買うことができます。
その他にも、バター200gが何十円で買うことができ、乳製品を安く買えるのが普通のことです。

チーズの味に違いがあるのはどのようなことが理由になっているのでしょうか?
原料になっているのは牛や羊の乳ですが、日本のチーズは牛乳が原料ですが、
外国産のものは様々な家畜の乳が混ぜられているので本場では強烈な匂いのチーズが多く、
日本人では食べられない種類も多いです。

現在チーズは世界各国でつくられている食べ物ですが、フランスが特に誇っている種類はロックフォールです。
ロックフォールは古代ローマ時代からつくられていたチーズです。
南フランスにいる毛足の長い羊の乳で作られ、味は濃く、香り良く舌触りも最高です。
ローマ法王の別荘が南フランスにあり、法王もしばし愛飲したと伝えられています。

このページの先頭へ