日本と世界

チーズの製造方法は?

チーズは一般的にナチュラルチーズとプロセスチーズ、2種類に分けられています。
チーズの製造方法は世界でも日本でも同じで、チーズの味に違いが出来るのは原材料や製造工程で乳酸菌とともに混ぜるチーズは約7000年も前、東アジアでつくられていました。
青カビなどの違い、熟成期間などの違いからです。

美味しいチーズをつくる為には製造に使われる機器の衛生も大事です。
何故なら乳や細菌、カビなど常に微生物が増殖する危険があるためです。
どうしてチーズが作られるようになったのでしょう?

これは人間の知恵だといわざるをえません。
家畜の乳は放っておくと腐敗します。
つまり保存することができません。

そこで人は乳を固めチーズにしました。
乳を発酵させ、分離、濃縮、加工技術などを行い今の様なチーズが出来上がりました。
一般的なナチュラルチーズの作り方は、乳に乳酸菌、レンネットと呼ばれる凝乳酵素が混ぜられ、成型容器に入れられ固められたもののです。

レオンットは子牛の胃の中からとれ貴重で高価なものです。
チーズ独特の風味をかもし出すには、熟成期間がポイントです。
また熟成させるには、そのチーズにあった湿度や温度が大事です。
プロセスチーズは粉々に砕いたナチュラルチーズを混ぜてつくられたものです。

このページの先頭へ